第36回日本脳神経外科コングレス総会

2016年5月20日(金)~22日(日)大阪国際会議場 会長:吉村紳一 テーマ:脳神経外科におけるアートとサイエンス

プレスの皆様へ

本学会での取材は、共催関係の取材も含み、すべて事前登録が必須となります。
取材ご希望の方は、以下の取材規程をご確認の上、本ページ最下部の「取材申込書」に必要事項をご記入いただき、運営事務局宛にFAX(06-6221-5938)にてお申込みください。

取材申請

  • 取材申請者は、運営事務局にあらかじめ取材の許可を求めることとし、5月10日(火)までに取材申請を行ってください。
  • 取材申請者は、写真撮影、ビデオ撮影、録音を伴う取材で、下記の取材対象者の個人情報、個人が特定できる情報、発表内容等が含まれる場合は、事前に取材対象者より「2. 撮影承諾書」を取得し、事前もしくは当日のプレス受付時に必ず提出してください。書類が無い場合は撮影をお断りする場合がございますので予めご了承ください。
    取材対象者:医師、メディカルスタッフ、患者、患者家族等
  • 代理による申請は認めますが、紛争の発生その他取材に関する一切の事項については、取材申請者本人が責任を負うものとします。

取材許可

  • 取材申請のあった場合、会長が許可をします。
  • 取材申請に対する許否については、事務局より取材申請者に通知いたします。

取材期間

  • 取材期間は第36回日本脳神経外科コングレス総会期間中のみとします。ただし、会長により別途契約等で認められた取材は、この限りではありません。

取材方法

  • 取材を許可された取材申請者及び取材に参加する者(以下、併せて「取材者」という)は、会期当日、プレス受付にて、事務局から交付された取材許可の通知を提示してください。
  • 取材者は学会に参加する取材者全員の名刺を必ず提出するとともに、社員証の提示を行い、プレス受付にて、プレス用ネームカードの発行を受けます。
  • 取材者は、取材中常にプレス用のネームカードを身に着けてください。プレス用ネームカードのない人は、会場に入場できません。
  • 取材者は、セッション中の発言・質問はできません。
  • 取材者は、座長及び事務局スタッフ、会場整理員の指示に従うものとし、運営を妨げないようご協力ください。
  • 発表者の発表内容以外でも、スクリーン映像(スライド、画像、動画など)、ポスター等は第36回日本脳神経外科コングレス総会の著作物として扱うため、撮影する際には事前申請をお願いします。
  • 参加者の個人が特定できる撮影は認めません。万一個人が判別できるよう映った場合、取材者は個人が特定できないよう画像処理を行い、プライバシー保護に配慮してください。

取材の中止等

  • 会長、座長、事務局スタッフおよび会場スタッフが、上記取材方法のいずれかに抵触する場合及びそのほか相当と認めた場合には、取材の中止、取材の一部制限、取材方法やスケジュールの変更、取材者の一部又は全員の退場を求めることがありますので予めご了承ください。

取材内容の二次利用

  • 取材者は、取材申込書に記載された成果物作成の目的の範囲でのみ、取材により得られた画像/音声/インタビュー/その他全ての取材内容を利用するものとし、これ以外の目的で取材内容を利用しないでください。

プログラム集

  • プレスの方への無料のプログラム集配布はございません。ご希望の方は、当日大阪国際会議場 5F ホワイエの総合案内にてご購入くださいますようお願いいたします。

取材申込書(PDF)

このページのトップへ戻る